iris

BaseBallBeaeの歌詞を載せていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白雪の彼女

あ、君がいたような気がした
スキー場みたいな 匂いがする今日
空気の解像度が上がって
グロスぶちまけた様だ

年末の騒がしい商店街 人波
来年の計画話しながら
シンクロナイズド・スイミングして

「ゆき」の付く名前
気に入ってるって言っていた
吐息も色付き始める 季節近づいて、
君を余計に 思い出してしまってる
白雪の君 林檎の頬して
雪が積もるとおいしそうって
はしゃいでた
そんなこと思い出してる

街の塗り絵 白で塗って笑う君は
足跡残しもしないで
溶けていった
まだ、俺も 忘れられはしない・・・
思い出してる
思い出してしまってる
白雪の君 蜜柑の髪して
「さようなら」なんて
夕日に染まった 雪景色に書いていた

あ、君がいたような気がした
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://seiyouasagi.blog69.fc2.com/tb.php/28-5e35ce6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

浅葱

Author:浅葱
名前 西洋浅葱
性別 女
年齢 14歳
学年 3年
部活 剣道
趣味 昼寝
PC

カテゴリ

日記 (4)
お勧め漫画 (2)
BaseBall Bear (30)

月別アーカイブ

銀魂 新訳紅桜編

フリーエリア

Copyright (C) iris. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。