iris

BaseBallBeaeの歌詞を載せていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つよがり少女

死神と生きていくことに何の不安も感じないんだって。
むしろ乗りこなしそうな自分が怖いんだって。
欠伸して言っていた。

23時、都会のビル街から一歩踏み外した所で
街頭にコウモリ ふわふわ飛んでいる。
君は眼が震動してる。

俺は気付いていた 心の柔らかさ隠してるって。
スカートはかないところにも
表れているんだろう。

「重い想いを 持ち歩いていることに
気付かれてしまったら、オシマイなんだって。
支えてくれる人は 一人でいいの。
誰かは言わないんだけど・・・。」

赤くなってた、つよがりだね。

俺は君が今日もウソぶいて
すごしているのを見て、
あの時を想い出していた。

「重い想いを 持ち歩いていることに
気付かれてしまったら、オシマイなんだって。
支えてくれる人は 一人でいいの。
誰かは言わないんだけど・・・。」

赤くなってる、俺がいた。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://seiyouasagi.blog69.fc2.com/tb.php/9-2baab7f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

浅葱

Author:浅葱
名前 西洋浅葱
性別 女
年齢 14歳
学年 3年
部活 剣道
趣味 昼寝
PC

カテゴリ

日記 (4)
お勧め漫画 (2)
BaseBall Bear (30)

月別アーカイブ

銀魂 新訳紅桜編

フリーエリア

Copyright (C) iris. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。